FC2ブログ

まさかの副腎かいっ。 


(日記的な記録のため、文章多いです。。。
読み飛ばしてくださいませ。。)




今日は、

今日の予定のために日程をずらした、
バースデー休暇の取得で、お仕事お休み。


有給休暇とは別に、
会社からお休みがいただけます。



そんなラッキーな日。


20200220 (1)


そーーーなん!



今日は、いつもの仕事で出かける日と同じ時間くらいに、
いつものように身支度。



けど、
かーちゃんの身支度の動きが違うのか、
服装でわかるのか、

めったんには、
今日はかーちゃんがお休みだということが、
しっかり分かります。

めったん、笑顔で声出ちゃう。



ふだんは、
すでに寝るモードなんだけど、

玄関に行くと、


20200220 (2)


玄関に立ちはだかります。



今日は、めったんもお出かけ。


20200220 (3)


このガラゴロめったん号を見ると、
めったん、楽しみすぎて、
声を出しながら喜びます。


かーちゃんと水入らずの
ふたりぼっちの遠出の旅行は、
100%、これで行く。


このガラゴロめったん号で、

電車、新幹線、船、クルーザー、飛行機、
車、モービル、リフト、ゴンドラに乗り、

春夏秋冬、陸・海・空・山・雪・川など、
いろんなところに行ったから、

すっかりめったんも、また旅に出れるのだと、
楽しみになっている様子。



毎回の旅先では、楽しいのか、そうでないのか、
わからない表情だけど、

ガラゴロめったん号を見て、声出ちゃうくらい、
楽しそうな、自分も行く!!っていう、
こういう姿を見ると、

きっと、今までのアウトドア系の旅が、
楽しかったんだね♪と思うよね。

よかった。



そんなめったんに、

萌え萌えーーー♪♪



ここで、一話終えたいところだけど、
今日の続きを綴ります。




けどね、


20200220 (4)


今日のおでかけ先は、

びょーーいん。



先日のCT検査結果画像などを持って、
別の先生に見ていただきます。

肝臓を。


結果、


「総胆汁酸が36(適正値は25以下)なので、
門脈低形成の可能性はあるが、
確定するには腹腔鏡で肝生検が必要。」

「今回の血液検査の値と、
数日後に結果の出る肝機能検査の結果に問題なければ、
肝生検は、今のところする必要はないと考える」

「肝臓は、いったん安心してください」と。


3人の獣医師に見ていただき、
説明の角度がちょっと違うけど、

かかりつけ医と今日の先生の見解の内容が、
おおよそ同じ見解なので、安心しました。




「それよりも!!」

と、話が続きます。


「右の副腎が、大きいです。
こちらは、問題です」と。

左副腎: 4.3mm
右副腎: 9.8mm

ちなみに、、2018年夏の検査時は、
左副腎: 4.2mm
右副腎: 4.8mm

でした。

どんなに大きくても、
7mm超えると問題だそうです。


「副腎腫瘍の疑いあります」と。

「クッシング症候群の可能性も。」


持ち込んだCT画像は見ずに、
うちの病院で判断できる検査を
したいからということで、
新たにエコーしていただいて
発見いただきました。


「肝臓」というキーワードで
病院に伺ったのに、
まったく関係のないところの
状態を見ていただいて、
ありがたいです。


この所見があったので、
エコーを中心とした診察後に、
持ち込んだCT画像を先生が見ました。

CTには、副腎の状態が、
しっかり写っていたようで、
CT検査専門医が副腎に
気付かなかったことについて、

「獣医でこれを見落とすのは・・!
電話する!!」と、
怒ってらっしゃいました(笑)

「基本は”肝臓”というオーダーでしたからー」
と、フォロー(笑)

「・・にしても!!」だそうです(笑)


今の時代、餅は餅屋だから~、って、
かーちゃんは、笑いながら思いました。

こういうの、
職業・役割ごとの正義感や信念が見れて、
面白いし好きかも。




一方で、

めったんの全体の健康診断。

肝臓中心に気にしていたから、
今年の他の臓器の健康診断は、
夏以降にしようと思っていました。

だから、今回の発見は、ラッキーでした。



ラッキープロセスは、

・今のかかりつけ医に相談して血液検査で
TBAが高いことが判明

・CT検査受けることを決める

・大切な友人からのアドバイスが
いつも念頭にある

・せっかくCT検査画像があるから、
複数の先生にアドバイスいただこうと考える

・バースデー休暇がタイミング良く、
この時期の平日に取れる

・臓器の名医が出勤の日に、休みが調整できた


という流れも、幸運。

どれかが欠けてたら、
副腎状態を発見できなかった幸運。



そして、

今日の先生がエコーを
見なかったとしたならば、
エコーを撮る機会が夏以降になり、
何かが手遅れになっていたかもしれない。

今日の先生が、出勤じゃなくて、
やむなく別の先生だったならば、
副腎を診ずに診察が終わって、
発見できなかったかもしれない。

もっと早くに気付けたら・・?
たら・ればの最悪スパイラルに
ならずにすみました。


運と、自分なりの努力の日々を
積み重ね(・・そのつもり)、
今日の日は、なんて、
素晴らしい幸運なのだろうと思います。



副腎のことを聞いた瞬間は、
つい涙出ちゃったくらいでしたけれども、

めったん、じっと見てるし、
くよくよしても、悲観しても、
ネガティブな発言をしても、
めったんにも自分にも、
まったくもって、
100%良いことはないので、

犬生をもっともっと楽しめるような
副腎と付き合い方を
考えることに注力します。


生き物だもん。いろいろあるさー!



ガラゴロめったん号で、
めったんが、もっと声が出ちゃうくらいの
楽しむ力を、もっともっと養って、

免疫力UPを目指そうと思います。



それから、

複数の先生に診ていただくことは、
費用は若干かさむけど、
やはり大事だなあと、心から思いました。

病院それぞれ、先生それぞれ、
得意分野は、絶対ある。

自分だって、職業の中で、
得意不得意あるもん。

言い方も、伝わり方も、それぞれ。

(個人的感想です)



ちなみに、
今のかかりつけ医も、知識や知見が豊富で、
エコーもしっかり見れて、
血液もしっかりと総合的に
判断できる先生なので、信頼しています。


たまたま、副腎部分のエコーは、
今回、撮ってもらう機会がなかっただけで、

今のかかりつけ医も、
同じ状況であったならば、
この程度に膨らんだ副腎異常は
発見できたと思っています。



うちには、

信頼できる先生が、
別々の病院で2人います。

それも、幸運です。





さて!!よいしょーーー♪♪

これから、副腎の状態確定・治療と、
さらなる、肉球への経験と想い出刻み、


頑張る!!




ってことで、連日の病院の次は、

めったん、爆走するほど元気だから、
また雪あそびに出かけます♪♪


見るだけで声が出ちゃう、
いつもの、ガラゴロめったん号でね♪♪







↓↓ いつもご覧いただいてありがとうございます!!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


↓↓ 明日もめったん、がんばります!!

人気ブログランキング
スポンサーサイト