FC2ブログ

α6400(カメラ)の動物瞳AFのこと。




発売と同時に買ったSONY製カメラ、
α6400。

2019年2月のことでした。

その当時の最新機種は、
α6500。


なんと、衝撃のバージョンダウン!?
って当時、思ったっけ。


その当時の記事はこちら。
↓↓↓

☆ここポチ☆


α6400を買う前は、
α5100を使っていました。


このカメラを買った理由のひとつに、


20190728-0.jpg


6月発表されたバージョンアップがありました。

「安定して瞳を追いかけるリアルタイム瞳AF」

今までは、人間の瞳を検出して、
ピントを合わせる仕組みでしたが、
動物の瞳にも検出ができるようになって、
動物の瞳にピントが合わせられるとのこと。


メーカーの解説は、

「フルサイズカメラで培った技術により、
瞳を検出する精度と速さ、追随性が、
α6300の瞳AFから大幅に向上。
動きのあるポートレート撮影でも簡単・確実に、
瞳にピントを合わせ続けることが
可能になりました。
また、シャッターを半押しするだけで
瞳AFが作動。ピントを合わせたい瞳の
左右を切り換えることも可能になりました。

さらに、
「リアルタイム瞳AF」は一部の動物にも対応。
これにより、
ペットや野生動物の瞳も高速・高精度に検出し、
追随可能です。」


・・とのこと。




ってことで、
アップデートをしました。



どれどれ。


試してみよう。


20190728 (1)


動いているめったんをば。


20190728 (2)


めったんの目に、
ピントが合っている緑の枠が表示されます。



拡大してみます。


20190728 (3)


瞳AF(動物)が機能して、
右目にピントが合っています。



下を向いても、


20190728 (4)


瞳を追従しています。




けどね。



設定画面で、


20190728 (5)


顔/瞳AF設定の、


20190728 (6)


「検出対象→動物」
にすると、



あともんメルが走ったり、
動いている時に最適なオートフォーカス設定の
「トラッキング」が、


20190728 (7)


なんと、


20190728 (8)


選べないの。


「人物」なら選べえるんだけど、
「動物」だと選べない。



走っている姿や、
はしゃいでいる姿など、
あともんメルが動いている状況を撮りたい者としては、
トラッキング(※)で追従してくれないと困るのです。

(※トラッキングとは:
動いている被写体にピントを合わせ続ける設定。)


動物瞳AFが、トラッキング設定と
同じレベルで追従するかと思って試してみたけれど、
そこまでの性能は無いみたい。


ビミョーに残念。


静止しているあともんメルを撮る時は、
鼻ではなくて、
瞳にピントが合うのでとても良いのですけどね。

今後のアップデートに期待をしたいところです。



良いところは、
トラッキングの性能です。


瞳AFに設定しなくても、
走っているあともんメルに、
ピントが合います。

瞳ピンポイントには難しいけど、
顔にピントが合うから、
あまり支障は感じないです。


なので、
結局、瞳AFは、
ほぼ使わず・・です(*´▽`*)


α6400。

じゅうぶんに楽しい時を残せます♪♪




↓↓ いつもご覧いただいてありがとうございます!!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


↓↓ 明日もめったん、がんばります!!

人気ブログランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まぷあもメ

Author:まぷあもメ
おイヌとうさぎ、野菜育成、お酒(ワインと日本酒☆)、おいしいお料理(食べる専門)が大好きです♡

お酒やお料理は、ブログの記事から真似して買うこともしばしば・・

最新記事
最新コメント
★コメントありがとうございます!!
フリーエリア
いつもありがとうございます☆
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
めったん記念日
めったんがお家に来て、
 日が経ちました。
あともんメルはいくつ?
フリーエリア
RSSリンクの表示